文旦

  • HOME
  • 文旦の紹介

平戸文旦

かいよう病やウィルス病にも強く育てやすい。12月に収穫して保存、3~4月頃食べて、びっくり。美味しい。

パールカン(土佐文旦)

家庭でも簡単な管理でおいしい果実が成ります。八朔や甘夏を近くに植えると結果しやすくなります。

晩白柚(ざぼん)

1果平均2kgの文旦。糖度12度前後の爽やかな甘さがある。日持ちするので玄関のインテリアとしても。

水晶文旦

超高級みかんにご家庭で挑戦してみませんか。糖度を上げるコツはズバリ水やり。ぎりぎりまでがまんすること。

サワーポメロ(大橘)

皮が薄いので手で剥けて、その時の香りは最高。じゅうのう膜も食べられ酸味は少なく食味最高の文旦。

紅まどか(紫ザボン)

果肉は赤みを帯びるのが特徴の早生ザボン。果実は700~1000g程度。かいよう病にも強いので育てやすい。

チャンドラポメロ

酸味が少なく、日本の気候にあった紅色ザボン。普通ザボンに比べ果汁が多く、食味良好。

スイーティー

青い果実なのに酸味が無く甘いあの輸入ミカン「スイーティー」を黄色くなるまで樹で完熟させると最高の味。

安政柑

果肉は少しの酸味とサクサク感、やわらかく多汁で爽快な香りを持つ、独特のおいしさがあります。

メイポメロ

重さ500~600gになる黄色い文旦。初夏のにおいを感じさせるさわやかな風味は最高。八朔が育つ地域で栽培可能。

ジューシー柑

果実は晩柑の名前で売られることもある。非常にジューシーで、モーニングジュースでも最高。

イエローポメロ

従来暖地でしか育てられない文旦に八朔をかけあわせた耐寒性のある品種。初夏の爽快な文旦を是非お試し下さい。

サマーフレッシュ

肉質がしまってプリプリした食感に、爽快な初夏の風味が口の中に広がります。多くの実を着ける上、栽培は非常に容易。

「果樹苗」ページに戻る ≫

最近の記事